忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『 君と会えたから・・・ 』 

 喜多川 泰 (著)   HP

   絶対に手に入れる と、
   情熱を絶やさず 行動し続けても
   かなわなかった夢など、あるだろうか?

   それが本当に到達したい場所ならば、
   誰もがそこに必ず到達することができる。

                  あなたが生きている限り。

もし、「明日」が無限にあるわけではないとしても、今と同じような今日を生きますか?
感動のストーリーとともにおくる人生を変える7つの教え。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *   以上 表紙裏 & 帯 から  * * * * *

以前、常連さんから、おすすめを頂き、読み始めた喜多川先生の作品の1つです。
作者のプロフィールは、HPでご覧頂くと分りますが、英語塾を経営し、
自己啓発の研究をされています。

紫藤は、実は・・・・啓発、あまり好みでは無いのです。(企業戦士の頃は燃えてたけどww)
読んでいて、疲れちゃうのです。 「ハッピー」「幸せになれる!」などなど。
人間って、いつも前向きばかりじゃなくて良い と思うし、余計に気が滅入っちゃうんですよ。
「この人、凄いなぁ~・・・それに比べて、私は・・・・」って。

でも、喜多川さんの作品は、「 頑張れ!ガンバレ!いっつも前向き 」 じゃなくても いいよ~。
みたいな優しさを感じるのです。
「 人って、そんなモンだよ。 だからこそ・・・・・考えてみよう? 」みたいな。

折を見て、喜多川さん作品を 紹介していきたなぁ。
十代後半から20代前半の人には、特にオススメです。
十代前半にも早過ぎないし、 20代後半以降にも 遅過ぎないと思いますww

進路とは? 将来の仕事とは? 夢とは? それを叶えるためには?
それを どう考えるのか、捉えかた、見つめる方向を変える ことを教えてくれます。


最後に、本書、「 あとがき 」より

  僕は街行く高校生たちを見た。
  彼らは明日があるのが当たり前だと思って生きている。
  毎日何かしらに悩み、悩んでいることを理由に 同じ場所から動けずに
  ただ、悩み続けている。

  将来に対する漠然とした不安があり、自分の人生の中で、
  確固たるものは 何一つないけれど、時間だけは無限にあるような過ごし方をしている。

  そういう若者たちが多い。 彼らだけじゃない。 僕自身だってそうかもしれない。
  「人間 いつ死んでしまうかなんて、わからない」
  ということを 言葉ではわかっているつもりでも、
  明日が来ることを 前提に生きている自分がいるのは事実だ。

  「 あなたは 今 生きている、だからなんだってできるんだ! 」

  僕は 僕の身近にいたある人達から このメッセージを受け取りました。
  そして、一度しかない人生だからこそ、自分らしい最高の一生をおくってほしい
  という 僕なりのメッセージを込めて この作品を書きました。

  この作品が少しでも、
          若い方たちが 生き方について考えるきっかけ
                                  になってくれれば嬉しいです。
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
(01/21)