忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桜 

言霊に興味を持ち始めた頃、読み聞きした「 桜 」に関するお話しを 自分なりに纏めてみました。

日本神話の 木花咲耶姫(このはなさくやひめ)は、咲く花を神格化した女神であり、
糸を織りなす機織り(はたおり)の守護神でもあります。
この「サクヤ」が転じて、「サの神」となったとも言われています。
「サの神」は、山の神でもあり、稲の神とも考えられ、田植え時期の五月(サツキ)には、里に降りてきて田の神として秋の収穫まで見守って下さる。
「サの神」が降りてきたことを 教えてくれるのが、「 桜の開花 」だとか。

サクラの「サ」は、この神様のこと。 「クラ」は、座のこと。
だから、サクラは、山の神が、里に降りる途中で宿る花という意味だそうです。

人々は、今年も降りてきてくれた「サの神」を お迎えし、感謝する神事が、今の花見の始まりと言われています。
宴会のお酒や御馳走は、五月女(サオトメ)が、笹(ササ)のお皿(サラ)に、酒(サケ)、魚(サカナ)などを神に供えた後、皆で頂いたことに始まったようです。
・・・・・・・・・全部、「 サ 」で始まるのですねぇ~www

サクラの「 サ 」は「 幸(さち) 」、「 クラ 」は「 倉 」という意味も 持っているようです。
サの神が降りてくると、沢山の「 幸の倉 」は、いっせいに開き、桜の下で神事を催している人々へ 花びらと共に「 幸 」が降り注がれます。
幸せに満ちた人々を見て、サの神である 木花咲耶姫は、まるで、糸と糸を織りなすように人々の縁や絆を 織り結んでくれる。
確かに「 縁 」にも「 絆 」にも「 糸 」が使われてますねぇ・・・・・。
特に「 絆 」は、「 糸 が 半 分 」、「 絆を結ぶ 」で、半分になっている糸と糸を1本に紡ぐ。

花見の宴は、今では交流とか親交の場としての意味だけが、残ってるかな。(笑)
でも、桜の下には、たくさんの笑顔と楽しそうな声が 集い
そんな花見の宴に、幸せの花びらが 降り注ぐ・・・ってちょっと素敵ですね。( ^-^ )
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(01/21)