忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

被災地のテレビ放送 

『 被災地のテレビ放送を 子どもたちに見せないでください。
  子どもたちには、そのまま悲惨なこととして インプットされてしまいます。 』

というような書き込みを見かけました。

私は、こう思います。
見せ方、見る時の状況によるのではないかな。
子どもが独りぼっちで見ているという状況は、確かにいかがなものかと思います。
ですが、それは「 悲惨な画面だから 」ではなく、何故独りで?という点です。

その部屋に大人が居て、料理をしながら、くつろぎながら、食事を一緒にとりながら
その報道を見て、大人が、親が、何を話すか。
子どもと どんな会話をするか。
それが大切なのだと思います。

子どもに ストンとインプットされるのは、見たままの画像と共にそれをどう捉えるか。
それは、子どもの傍に居る大人に大きな影響を受けます。

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達を見た。
駅員さん泣いてた。

という話を聞きました。

コンビニで、小さい男の子が
「ポケモンのゲーム、買わなくていいから、ここへそのお金を入れて~」
と募金箱を指差して、母親に言っている子がいた。

という話も聞きました。

これらは、子どもに普段、何をどう話しているのか、今回の震災に関して何をどう話しているのか、親・・特に母親の影響が大きいと感じています。

節電による臨機応変な間引き運転の報道を見て、
「 いやぁねぇ~、不便になるわぁ~、仕事行くのも大変だぁ・・・ 」
と言っているか、
「 駅員さんたち、本当に大変よね。それでも何とか電車を動かしてくれて感謝しなくちゃ。 」
と言っているか。
・・・・・・・もっと素敵な言葉を ポツンと子どもの前で呟いているかもしれませんねぇ。

それは、まさに自分は、物事をどう捉えているかが、試されるということ。
これを機会に、子どもと共に考え、意見を交換するということも 素敵な人間を育てあげることに繋がるかもしれません。
自分自身も 1歩育つかもしれません。

子どもに、 見せない! やらせない! 制限する! ということの無意味さは、
ゲームやネットなどで、充分に分っている人も多いかと思います。

大切なのは、その画像から、何を子どもたちに伝えていくのか。
そっちではないでしょうか。
子どもは確かに未熟ではありますが、そんなに愚かでもないと思います。

我が子を信頼し、人間育てを必死でやることの方が、見せないことより重要なのではないでしょうか。
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(01/21)