忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『 あな 』 

 谷川 俊太郎 (著), 和田 誠 (イラスト)
  福音館書店 (1983/3/5)  32ページ絵本

 日曜日の朝、
 何もすることがなかったので、ひろしは穴を掘りはじめた。
 誰のものでもない、自分だけの穴……。
 子どもも大人も引き込んでしまう世界です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *   以上 amazon 商品説明 から  * * * * *

穴を掘っていると お母さん、友達、妹、お父さんが順番にやってきて一言づつ言います。
それでも、掘り続ける。
すると、また皆、やってきて、一言づつ。

穴を掘り続ける・・・・それが、私には自分の中へ 中へと入っていく作業に見えました。
その穴の中で、顔を覗かせた生き物、穴の中に座り込んで 見上げた外。

「 穴があったら入りたい 」って言葉がありますが、人間って、何かあると
外界を遮断してしまいたくなる時ってありますよねぇ。
それは、具体的にどんな時? どんなことが起こった時?
そして、実際にそうしたイメージの中で、どう感じるか。
そんなことを 感覚的に体験できる絵本かも しれません。

穴の中に座った感覚・・・・土の湿度、温度、外界の音、穴から見える切り取られた外界。
無心に掘っている時に かけられた それぞれの言葉。

催眠療法で、インナーチャイルドに逢って頂く時、私は階段を降りて頂いてます。
「降りる」というイメージは、意識の下へ降りていってもらうイメージで使うのですが、
多くの人は、良いイメージは 持たないようですねぇ。
・・・・・降りるってやめようかと 思うくらいww

でもね、結構、自分の心の奥の方は 放ったらかしだったと気づく人もいらっしゃいます。
私も初めて「降りた」時は、モノトーンの殺風景な地下室でした。(笑)
木の机が1つだけ あったような・・・・あとは、コンクリ打ちっぱなし。みたいな。

心の奥深く、穴でも、階段でもいいから 降りてみて、そこを明るく暖かいイメージの場所に
するってのも、自分を優しく扱ってあげるのに 役にたつような気がするんです。
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(01/21)