忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『 きよしこ 』 

 重松 清 (著)
  (新潮文庫) 新潮社 (2005/06)

 少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。
 言葉がちょっとつっかえるだけ。
 言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。
 思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。
 そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。
ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと―。
大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *   以上 amazon 商品説明 から  * * * * *

親の仕事で何度も転校を繰り返す少年の小学校から大学受験までの物語。
「 きよし 」という少年の「 個人的な話 」という作者の話から、モデルは作者本人かと。

吃音で、思い通りにいかないことも沢山あるけど、悲しい物語でも、頑張る物語でもない。
重松さんらしい、当たり前の日常でパッピーエンドでもバッドエンドでもない。
でも、だからこそ、読者にも「 それでいいんだよ 」「 そんなモンだよ 」という
安らぎを感じさせてくれるような作品です。

転校先でのそれぞれのエピソード。
それぞれの年代に 有りがちなことや人々。
病気や障害と共に生きていく人にとって、同情や「頑張って」の言葉より、嬉しいものがある。

いつも神社にいて、昼間っから酔っ払っているおっちゃんとの会話。
「 おっちゃん 」
「 うん? 」
「 いま・・・・謝ったとき、どもった? 」
おっちゃんは振り向いて、笑いながらうなずいた。
「『どもった?』の「ド」も どどをくっとったで。」(どどをくう=どもる)
「 せやけど 」とつづけた。
「 どれがどないしてん。ボクはどどをくる子ォで、そんなん、もう・・・なんちゅうか、
  ええやんけ 」
慰めでも、励ましでも、なかった。
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
(01/21)