忍者ブログ
サイトTOP      admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の望み と 相手の望み 

誰かをサポートする時、力になってあげたいと思った時、

自分がしようとしている言動は、相手が望んだことなのか、
それとも自分が、こうした方がいい、きっとこうしたいと思っているに違いない、
と相手に聞いたわけでもないのに、思いこんでいることなのか。

これをきちんと区別しておかないと、後で「 してあげたのに 」とか
相手のリアクションが、自分の想像していたのとは違うことに 腹がたったり、ガッカリしたり。

「 あの人のためだから、自分はどうでもいい 」なんて犠牲的精神でやっていると
相手には、重荷になってしまったり・・・・。
あげくに自分自身も疲れて、イライラしたり。

大切なのは、
勝手な思い込みではなく、ちゃんと相手にどうしたいのか、訊ねること。
出したい結果は、自分の望んだ形ではなく、相手の望むこと。
それが、たとえ自分の望みとはかけ離れていても。

そうじゃないと、サポートではなく、コントロールになってしまうから。
相手を自分の思う通りの結果へ 導くことに成功しても、それは表面上であることが多く、
心までは、コントロールできません。
パワーハラスメント・モラルハラスメントなど その最たるものですよね。

では、自分が良いと思う意見は 言ってはいけないのか、力になれそうにないことを断ってはいけないのか。
もちろん、言ってもいいし、断ってもいいんです。
ただ、モノには言い方があります。
聞いてもらえる言い方と、拒絶される言い方。

これは、以前にも書きましたねぇ・・・・。
有った♪ 「 コミュニケーションの心得 」← ご興味のある方はどうぞ。

更に細かい より良いコミュニケーション法 というのもあるけど、とてもブログに纏めきれない。

「 コミュニケーションの心得 」だけでも、やってみると難しさが分ります。
普段の会話とは、根本的に違うので。
サポートとは、支えること。
あくまでも、相手の中にある力で立ち、進んでいけるよう 今だけ必要とされた部分のみ力を貸す。
その中には、「 何もしない 」「 見守る 」ということもあるわけで
これは、何かをしてあげるより、難しく、自分との戦い。

その基は、相手の中に秘めた力を 本気でどれだけ信頼できているか。
結局、自分が試される。
PR

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック


この記事のトラックバックURL

お好みの文字サイズになるまで
大小の星をクリックしてください

チャネリングは「 チャネ 」
断捨離は「 断捨 」で検索を・・・

HN:紫藤 樹 [ しどう いつき ]

職業:医療事務全般・マンション管理事務
肩書:カウンセラピスト
認定:ヒプノセラピスト(催眠療法士)
    レイキ・マスター
           (霊気セラピスト)
    スピリチュアルカウンセラー
           (カードチャネラー)
称号:ダンシャリアン(断捨離学生)
    絵本セラピスト
目標:サイモントン療法
         認定カウンセラー
    PCM認定トレーナー
    NLP(神経言語プログラミング)
                認定
    サイコ・カウンセラー、


無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[07/03 デビ]

一休の第一話返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[05/29 BHM]

無題返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[04/08 琥都]

素敵なやりとりですね返信しました(o^-')o∠☆: by 樹

[01/29 ようこ]
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(01/21)